登山アプリ「YAMAP」の使い方

デバイス・アプリ

私が登山の時に使用している登山アプリ「YAMAP」の使い方についての記事です。
数年前までは紙の地図をメインに使っていましたが、現在ではYAMAPがメインで、紙の地図が補助になったくらい便利なアプリです。

①下記よりアプリをダウンロードします。

‎YAMAP / ヤマッ‪プ‬ 登山地図・山登りGPSナビ
‎電波の届かない山の中でも現在地がわかる登山地図GPSアプリ。道迷いや遭難のリスクを下げることができます。登山中の位置を家族に共有することも可能です。 登山地図を使えるだけでなく、登山中の写真や歩いた軌跡、標高なども記録できるので、自分だけの「人生の登山日記」をつくることができます。210万ダウンロード突破。国内シェ...

↑iphone用のダウンロードサイト

YAMAP / ヤマップ | 登山GPSアプリ - Google Play のアプリ
登山初心者でも簡単!山の中でも現在地がわかる登山地図GPSアプリ。グッドデザイン賞を受賞した使いやすさで道迷いや遭難のリスクを下げることができます

↑それ以外のスマートフォン用のダウンロードサイト

②会員登録(無料)を行います。
アプリを開くと上の写真のような画面になるので「はじめての方」を選択。

今回はメールアドレスで登録をします。「メールアドレスで登録」を選択。

メールアドレスを入力して次へを選択します。

パスワードを入力して次へ。

あだ名を入力します。このあだ名はアプリ内で他の人も見れますので、気にされる方は本名等は避けてニックネームを入れてください。入力後に「利用規約に同意してはじめる」を選択して、会員登録が完了です。

③登山に使用する地図をダウンロードします。
アプリのホーム画面の赤矢印「のぼる」を選択します。

今回は天狗倉山周辺の地図をダウンロードしてみます。馬越峠や天狗倉山、猪ノ鼻水平道のルートが含まれます。中央の山ボタンを選択。

「地図」を選択します。

無料地図の「ダウンロード」を選択します。ダウンロード時はWifiがある環境での作業をおススメします。有料会員になれば、立体地図等も利用できますが、無料地図でも十分です。

ダウンロードができたら「OK」を選択。ダウンロードができたら使用のための準備は完了です。

④YAMAPの基本操作
登山開始時に「活動を開始」を選択すると登山の時間や距離が記録され始めます。画面上にはありませんが、自分の位置が青い丸で示されますので、ルートから外れていないか確認できます。

地図にある数字はコースの目安時間です。登山終了時には黒い部分を上にスワイプ(滑らせる)します。

スワイプすると上記の画面が出てくるので「終了」を押すと記録が終了されます。

終了すると登山の距離・時間・高低差を確認することができます。
YAMAPは無料ながら登山用の地図としてとても便利ですし、登山の記録にも使えるのでとても便利なアプリです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました